ハンカチに包んだおやつ

車のサスペンションには幾らか種類があります。例えば、リジットアクスルと呼ばれる方式があります。

これは左右のタイヤが車軸に結ばれたままで、バネとダンパーを取り付けた構造なものです。リジットアクスルは、右のタイヤが石に乗り上げて持ち上がれば、左のタイヤは下に下がるというふうに左右のタイヤが独自に道路の凸凹をなぞって走るということはできません。それが、操縦安定性を乱したりとか、乗り心地を悪くしたりする原因にもなります。ですから、リジットアクスルは、馬車に近い構造ということができます。もっと走りを良くしたいということで、考えられたのがインディペンデントサスペンションというものです。左右のタイヤを結ぶ車軸の代わりにサスペンションアームでタイヤを支えています。実際にはタイヤがつくハブを支えていて、そのために上下2本のサスペンションアームが必要となり、これが、基本のダブルウィッシュボーンと言います。ダブルウィッシュボーンについてはまた、別の機会に書いてみます。車買取 前橋

No Comments :(